頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)

脊椎の加齢的変化により椎間板の変性、椎体の骨棘(こっきょく)形成、黄色靭帯の肥厚などが重なりあいながら、次第に脊髄を圧迫して、進行性に四肢の運動麻痺や知覚障害を起こす病態です。頚椎症性脊髄症では75%の症例で進行性に症状が悪化します。このうち1/3の症例は段階的に、2/3の症例は徐々に進行します。いずれの場合も中・高齢者に多く発症するため、歳のためと勘違いして、症状が進行してから受診する症例が多いのが特徴です。頚部痛はほとんどない点がさらに発見を遅らせる原因となっています。

症状

脊髄の各部分の障害が初発症状となります。

1. 運動機能障害

腕の脱力、細かな作業ができなくなったり、肩の挙上ができなくなることもありますし、下肢の運動障害が出現して、歩行時によくつまづいたりするようになります。進行すれば箸を持てなくなったり、自分ひとりでは歩くことができなくなります。

2. 感覚機能障害

上肢の痛みやシビレで発症することがあります。新聞をうまくめくることができなくなったりします。下肢の冷感やシビレの場合もありますし、眼を閉じたり、暗い部屋ではフラフラするようになる場合もあります。さらに進行すれば完全に手足のみならず、体中がしびれるようになってしまいます。

治療

初期の頚髄症であれば保存的治療が有効です。血流改善剤や安静治療で回復する場合があります。しかし、頚椎症性脊髄症は加齢に伴い進行する病態です。進行する場合は時を逸せずに手術治療に踏み切る必要があると、私たちは確信しています。
日本整形外科学会では「頚髄症治療判定基準(JOA score)」をもうけています。私たちは17点満点中13点未満になる場合、または非常に強い上肢の疼痛などで日常生活・社会生活に大きな支障がある場合、外科的治療を選択する場合があります。

「頚髄症治療判定基準(JOA score)」はこちら

 

手術治療には大きく、前方から手術する場合と後方から手術する場合があります。頚椎症性脊髄症はほとんど加齢に伴い悪化進行しますから、私たちは、基本的には後方から脊柱管拡大術を選択します。しかし、変形が強い場合や比較的若い年齢で発症した場合には前方から固定を追加しないといけない場合もあります。症状や職業なども考慮しながら、患者さんにもっとも適した方法を選択します。

1. 頚椎前方除圧固定術

1~2椎間に限局した場合、後弯変形のある場合、脊髄神経の一側が強く圧迫されている場合などには前方除圧固定術を選択します。利点は早期に社会復帰できる点があげられますが、隣接椎間の再発の可能性があります。

2. 頚椎椎弓形成術

2~3椎間以上の脊髄の圧迫がある場合、高齢者、先天性に脊柱管狭窄が強い場合などには後方から頚椎椎弓形成術を選択します。利点は再発が少ないことが挙げられますが、欠点は頚部の後方の多くの筋肉の障害があるため、頚部痛が残ったり、変形が起こることがあります。

詳しくはこちら〈頚椎症性脊髄症〉の主な手術について詳しくはこちらをご確認ください

頚椎椎弓形成術

頚椎椎弓形成術〈片開き式〉

頚椎前方除圧固定術